女性の痔対策と治療

痔と決着をつける

日本人の3人に1人が痔主といわれて、7割はイボ痔であると言われています。女性にも身近な病気で、妊娠や便秘が原因となり発症する人も多くいます。

 

痔は自覚症状を感じてから診察に訪れるまでの、病悩期間が長い病気とされています。

 

たとえば…
手で戻しても戻りきらなくなって、10年持ちの痔があっても…
肛門科の受診に抵抗がある?40人中30人は抵抗がある

 

そうですよね、さすがに肛門を人様にさらすのには、かなりの抵抗がありますよ。
多少の出血や痛みがあっても、今だけだし…なんて、診察をためらって、軟膏などを塗ってその場しのぎを繰り返し、症状を悪化させてしまうこともあるようです。

 

痔は基本的に

【裂肛】【痔ろう】【痔核】の3種類に分類されます。

 

いずれも、初期段階に便通をと整え、生活習慣を改善するなど、適切なケアをすれば悪化を防ぐことができます。まずは、恥ずかしがらず、早期に専門の診療を受けましょう。

 

行くまでは、どきどきしますが、毎日人の肛門を何十人も見ている人です、恥ずかしがる必要ありません。手術が必要になる前に、ちょっとの恥ずかしさを乗り越えて、早期治療で治しましょう。